プチ整形のパワー大公開

美容外科で今や欠かせない治療法、ボトックス治療。簡単にしわやたるみが注射をするだけで改善できるという画期的な治療法ですが、ボトックス注射とはそもそもどういった治療法で、どのような効果を得られるものなのでしょうか?
食中毒の原因菌として知られる「ボツリヌス菌毒素」から抽出した成分を、ボトックス注射は、しわやたるみが気になる箇所に注射することで、様々なコンプレックスを改善する治療法です。
30,000単位以上でボツリヌス毒素による食中毒は起こると言われていますが、1回に5〜100単位程度によるボトックス注射による治療のため、中毒を起こす危険性はありません。

 

米国のアラガン社がボトックスというのは、国際商標権をもつ医薬品です。そのため、正確にはボトックスといえばアラガン社のものを示すことがほとんど。
眉間のしわに対してのみ承認が得られている「ボトックスビスタ」などもアラガン社が発表しているものの中には、あります。非常にこちらは高価なので、通常のボトックスのみを多くの美容外科は取り扱っています。
また、ボトックスよりも低価格で提供できるよう、美容外科の中には同じ成分を含み同じような効果を得られるものとして、各国で承認されているものを採用しているところも多いです。

 

韓国ではいくつかのボトックスに似た製品がアラガン社のボトックス特許が公開されたのを機に、製造されましたが、この3つはそれらの中でもKFDA(日本でいうところの厚生労働省)に承認を得ており、大差はアメリカのボトックスと効能としてはないといわれています。
承認を得ていないボトックス類似薬剤を美容外科の中には、使用しているところもありますので、きちんと事前に確かめるようにしましょう。